オーディオ買取専門店オーディオ高く売れるドットコム » オーディオ機器買取品目一覧 » ハイファイアンプ 買取
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 仙台リユースセンター 埼玉リユースセンター 西東京リユースセンター 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

ハイファイアンプ 買取

ハイファイアンプ 高価買取中

ハイファイアンプ高価買取なら、オーディオ高く売れるドットコム。まずは、お電話にてオーディオ専門の買取バイヤーから最新の買取価格をお伝えします。さらに、ハイファイアンプ以外のアンプやスピーカーなどのオーディオ製品がございましたら同時査定も受付します。
「まずは価格を知りたい」「買取サービスを利用するのは初めてで何をしたらいいかわからない」などのご要望でも大歓迎です。オーディオ高く売れるドットコムのスタッフまでお気軽にご相談ください。

買取価格を調べる
0120-945-991

ハイファイアンプの買取方法について

自宅もしくは事務所に保管しているハイファイアンプを売却するご予定があるならば、是非ともドットコムにお任せください。中古のオーディオ製品をたくさん取り扱ってきましたから、買取実績が豊富で買取価格にも自信があります。まずはお気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルにて受け付けていますから、とても便利でお得です。電話受付時間を明記していますからホームページでご確認ください。

▼買取の流れについて▼
納得できる価格でハイファイアンプの買取を実現したいなら、まずは事前査定を行うことがおすすめです。お電話や当社のホームページを活用すれば、短時間で目安となる査定金額を調べることができます。WEBでのお申し込みは必要事項を入力してクリックするだけですから、忙しい方にご利用いただけます。事前査定後に買取方法についてご案内いたします。高く売れるドットコムの店頭買取ならば、査定の結果をその場でご提示することが可能です。査定金額に納得していただけた場合、その場で現金化しますのでお急ぎの方にもオススメです。店頭へ持ち込むことができない場合には、宅配もしくは出張による買取システムがありますのでそちらをご利用ください。

宅配買取・出張買取のどちらのシステムを利用しても、一切無料で査定を行っていますから安心してご利用いただけます。宅配買取については梱包材を提供していますので、宅配による売却を申し込みたい時にはお電話またはメールにてご連絡ください。無料で段ボール箱や緩衝材を送付していますので梱包の際にご利用ください。最短当日のスピード集荷サービスも行っており、当日の14時までにご成約をいただいた場合、当日の18時から21時の間に集荷にお伺いいたします。こちらに商品が届き次第査定を行い、査定金額の結果をお伝えします。その査定金額に納得していただけたなら指定の口座に振り込みを行います。キャンセルが発生した場合には、送料を当社が負担しますから、費用に関する心配はありません。出張買取はお客様のご自宅にご予約していただいた日時にお伺いし、その場で査定・買取・お支払いを全て行う買取方法です。

ハイファイアンプ について

ハイファイとは、「High Fidelity」の略で「高忠実度・高再現性」を意味しています。よって、ハイファイアンプとは、より原音や原画に忠実に再現することが可能なアンプのことをいいます。
1950年位から使用されるようになった言葉で、高音質を実現しているオーディオアンプを「ハイファイアンプ」と呼ぶことが多くなりました。対して、その他の一般的なアンプに関しては「ゼネラルアンプ」と呼ばれていました。現在でも、一部のメーカーが「ハイファイアンプ」という表記をしている場合がありますが、どのくらい高音質であればハイファイとよべるかについての明確な規定はありません。
日本国内では、1970年代にオーディオブームが起こり、ハイファイアンプの需要が高まるようになりました。大手のオーディオメーカーは、ユニットにアンプ・チューナ・カセットデッキ・レコードプレーヤーなどを組み込んだ「システムコンポ」を販売するようになりました。
1980年代に入ると、小型化の需要が高まり、若い人の間でも音楽が流行するという背景もあり「ミニコンポ」が登場することになります。1990年代に入ると、半導体技術の進歩により、パワートランジスタなどのドライブ能力が格段に向上したうえ、デジタルノイズフィルターなどの搭載により、忠実再現だけでなくノイズの無いクリアな音がハイファイアンプに求められるようになりました。
そのころになると、レンタルビデオも普及することとなり、ホームシアターなどのオーディオシステムにも着目されるようになりました。2000年以降になると、家庭でも導入することができるようなリーズナブルな価格のプロジェクターなども販売されるようになり、家庭にホームシアターを構築する人も増え、オーディオマニアや一部家電メディア誌などでは「新たなハイファイ時代の到来」とも予見されていて、今後の市場の拡大に大きな期待がもたれています。

ハイファイアンプの関連製品


買取価格を調べる
0120-945-991