1. オーディオ高く売れるドットコム
  2. オーディオ機器買取品目一覧
  3. プリメインアンプ 買取

プリメインアンプ 買取

プリメインアンプ 買取

プリメインアンプを売るなら、高く売れるドットコム!オーディオ買取専門店だからこそ、プリメインアンプの高価買取が可能です。

売却を検討されているプリメインアンプがあれば、出張・宅配・店頭持ち込みにて買い取ります。

プリメインアンプの買取価格・買取相場も公開中です。買取価格がわかる無料査定は、お電話とWebからお待ちしております。

買取の流れ
買取の流れ
買取価格を調べる
0120-945-991

プリメインアンプの買取実績

買取価格を調べる
0120-945-991

プリメインアンプの買取方法

オーディオの買取方法は、出張・宅配・店頭買取の3つです。買取対象地域は日本全国となっており、出張料金や宅配料金は無料です。


  • 出張買取 ➝ 査定員がご自宅に伺って買取
  • 宅配買取 ➝ 宅配便で商品を送って買取
  • 店頭買取 ➝ 店舗にご来店いただき買取

買取価格を調べる
0120-945-991

プリメインアンプ買取の流れ

買取の流れ
【買取価格を調べる】ボタンから査定を申し込みましょう。商品の情報をもとに買取価格をお調べします。
査定員から買取方法と買取価格をご連絡します。買取方法は、出張・宅配・店頭持ち込みの3つです。
商品の引き渡しとお支払いをします。出張・店頭買取は当日現金払い、宅配買取は買取成立の翌営業日にお振り込みです。
査定申込み
査定申込み

【買取価格を調べる】ボタンから査定を申し込みましょう。商品の情報をもとに買取価格をお調べします。
買取価格のご連絡
買取価格のご連絡

査定員から買取方法と買取価格をご連絡します。買取方法は、出張・宅配・店頭持ち込みの3つです。
お支払い
お支払い

商品の引き渡しとお支払いをします。出張・店頭買取は当日現金払い、宅配買取は買取成立の翌営業日にお振り込みです。

プリメインアンプ買取で選ばれる理由

選ばれる理由
選ばれる理由

専門家による買取

オーディオ買取の専門家が商品を査定します。
専門知識と豊富な買取実績をもとに、大切なお品物を高く買い取らせていただきます。

3つの買取方法

店頭・宅配・出張の3つの買取方法をご用意。
日本全国に対応しており、近くに店舗がなくてもご利用いただけます。

最短当日中に買取

最短当日中に売却・お支払いが可能です。
引越しや整理ですぐに売りたい方や、当日中に現金を受け取りたい方にもおすすめです。

プリメインアンプの査定ポイント

1. メーカーとモデル

オーディオの買取価格は、メーカーとモデルによって8割方決まります。

販売価格が高価なモデルや、生産が終了している希少なモデルはおのずと買取価格も高くなります。

2. 動作状況

正常に音が出るかといった基本的な部分から、音割れやノイズの有無などを確認します。

スピーカーの場合は、サランネットの破けやユニットの凹み、エンクロージャーの破損の有無も査定ポイントです。

3. 使用感の有無

外観の状態も査定ポイントの1つです。

古いオーディオや保管状態が悪いオーディオの場合、日焼けや擦り傷などが見られます。あまり使用感がなく、綺麗な状態の方が買取価格も高くなりやすいです。

買取対象のプリメインアンプ

  • パイオニア
  • マランツ
  • ヤマハ
  • ケンウッド
  • ビクター
  • オーディオテクニカ
  • オンキョー
  • ソニー
  • QUAD
  • LUXMAN
  • numark
  • DENON
  • ESOTERIC

プリメインアンプについて

心地の良い音楽の中に身を任せるのは楽しい時間です。これがオーディオという趣味の醍醐味だと言えると思います。ところで『プリメインアンプ』ってご存じですか?そもそも『アンプ』とは増幅器のことをいいます。英語表記の『amplifire』の略称です。受け取った音楽情報をアンプで増幅して、スピーカー側に送り出して音が出ているんですよね。

では『プリメインアンプ』と言えば?元々は『コントロールアンプ』と呼ばれる『プリアンプ』と『パワーアンプ』と呼ばれる『メインアンプ』に分かれていました。『コントロールアンプ』は入力先を切り替える装置を持ち、受けとった音楽情報をコントロールするのが主目的のアンプです。

一方、『パワーアンプ』とはただただ純粋に受け取った音楽情報を増幅するのが目的のアンプです。なのでこれを使い勝手が良いように一つにまとめたものが『プリメインアンプ』と呼ばれるものです。その便利さから今ではオーディオアンプと言えばこの『プリメインアンプ』のことを指してします。

オーディオ機器の長い歴史の中で音楽情報はレコードやカセットテープのアナログソースだけでなく、CDやデジタル音源などのデジタルソースも登場してきました。そのためその中身も変わってきています。一昔前の『プリメインアンプ』はアナログ回路だけを積んでいました。例えばCDプレーヤーなどのデジタルソースの送り出し側であっても、受け取る前には一旦デジタル情報をアナログ情報に変換しておく必要がありました。

今では、光端子ケーブルやUSBケーブルを伝ってデジタル情報をデジタル情報のまま直接受け取り増幅することができるタイプも登場しています。そのためこのタイプだと例えば、PCからだったり、スマホからだったり、USBメモリーを直挿しで音楽が再生できるので大変便利です。

ですが、昔ながらのアナログ回路を積んだプリメインアンプもまだまだ人気です。それはデジタルソースだと出せない魅力があるからです。だからこそオーディオの趣味は奥が深いと言えます。自分が聴くスタイルに合わせてプリメインアンプを選んでオーディオという趣味を楽しんでみてください。

プリメインアンプに関連する買取対象品


買取価格を調べる
0120-945-991

オーディオ人気買取カテゴリ